2014年6月18日水曜日

2014.6.18 課題に取り組む日

回覧誌14号の提出物を仕上げました。

今回は、松尾芭蕉の句

夏草や兵どもが夢の跡

を書くことに。お手本には無いけれど、あーでもない、こーでもない、と何枚か書いていたら、楽しくなってしまいました。

この句は、小学生の3年生だったでしょうか、塾の夏期講習で初めて出会った記憶があります。

それまでも、国語は嫌いじゃなかったけれど、好きになったきっかけかな。

今回、先生からの添削のコピーを送るに当たり、どれにしようか迷いましたが、一番最初の一枚を提出することにしました。

初心忘るべからず^_^

0 件のコメント:

コメントを投稿